WINDUP AC練習会 [71]2016/08/18

学生と『子守』という名のトレーニング中です。
...と言いながら年寄りの相手をしてもらっているのです。

昨年からの取り組みで
自己申告のノルマ達成まで永遠漕ぎます。
トレーニング理論!?
速く走る為!?

その次元でないのは皆が理解し始めていて
仲間で設定認識が合い出してきてるのもいい傾向だと...
自分のコンディションや実力などを過大評価している子を見ると
夜9時まで付き合わなダメかも!?っと思ったりもします。

練習過程から一発勝負感を植え付けないと
無限に手抜きと負け癖が染み込んでいきます。

ノリで出た数値に勘違いを起こしていると
記録会で出たタイムで大舞台で対等に勝負出来ちゃうみたいな
隙間と違いが見えないと
錯覚に潰されていく感覚があります。

久しぶりに新喜劇見ました。
まだ思い出し笑いします。

WINDUP AC練習会8/7[80]2016/08/09

全日本マスターズ陸上(新潟)まで約40日

欲張って今年は、2ピーク作ろうと
シューズで脚固め中です。

さっさと終わって帰りたかったですが
アキレス腱断裂2回から復帰途中の女性と
近畿IH7位組がPMするからおっさんも当然するでしょ!?
みたいな空気出すから付き合いました。

そんな空気を出してくれるのがありがたいです。

10月、ギリギリの状態で立ちたい場所へ行くしな
言われてやるのは下降の兆候

『負けたくないは敬意の現れ』
そんな言葉と共に
再確認が出来たように感じます。

霧吹きで汗演出[87]2016/08/02

夏場は昼間にトレーニングがポリシーのtigerです。

加古川ナイターを観て
女性は膝が閉じて好調、男性は...。
男性の女性化が進むウィンドアップACです。

競技場近くの隠れ過ぎてしまっているお店で
加古川和牛を食べる。
肉は焼き方で味が変わるので
総監督が自ら焼きます。
そう...この人が
ウィンドアップ食品担当 織辺総監督です。
万願寺とトマトと玉ねぎとイチジクとぶどう全般担当です。
なると金時 里むすめは、みちるが担当です。

母校がお出迎え、嬉しくなってパシャ!

良い時は誰もが寄ってくるし、出しゃばりなら出しゃばる
悪くなった時に誰がどう戻すのか?
を描いてのコーチングみたいな話を...聞いてふと...

tigerが三英社に入れてもらって
そのタイミングで田副先生がコーチになった。

アメリカかぶれし、インターハイ活躍した程度の中途半端選手を
戻す為に垢を取ってゼロから選手を作ることの出来る指導者...。
その青写真を関係者が描がき、救いの手の中で活動していたんだなぁ
って今さら気付くのでした。

東京ー岡山はさすがにお尻が痛かった。
モゾモゾしてるとお隣さんが違和感を感じたようで
梨状筋が変な感じなのとも言えず...
脚をバタバタもまずかったかも知れない...
今年のインターハイ会場、岡山に何となく行く。
突き抜ける力を持った選手がこの世代から生まれるのだろうか?

この場所にある情熱に勘違いは似合わない。
進学する大学、実業団を天秤にかけすぎない様に・・・。

あと[102]日2016/07/18

選挙に感動するtigerです

重い腰を上げ
7月24日 WINDUP AC練習会から
海外でのシーズンベスト更新に向け動きます。

30年以上活動していて
いまだ実現した事のない目標です。



こんな濡れ衣も想定しながら
贅沢の極みを歩んでいきたいと思います。

あなただけに風を吹きかける[122]2016/06/28

100回大会へ

tigerの母校、日大関係者に挨拶して
200mと幅跳びのアップを見学

競技の合間に
100回記念式典があって
日大関係者では、室伏パパ、森長さん、野口、澤野が紹介されてました。

泊まったホテルはこんな感じになっていて
関係者がいっぱい。

朝食もえらい事になってた。
tigerはオムレツが食べれなくてホント残念でした。

3日目
サブトラに行くと
サンデーモーニングに出てた人がすでにいてびっくり
顔を見るなり『今年も色が白いなぁ~』と
超久しぶりにいじってもらいました。

そして日大渕野コーチへ『ケンブリッジおめでとう』の前に
tigerにはつら~いお知らせ...
規律ある走りをした門下生優勝の
うらでそんな事があったのか?と知ると...
tigerが気になっていた事も含め
渕野コーチがすべて現状を教えてくれた

日曜日は、参列予定だった結婚披露宴が急きょキャンセルになって
3日目の観戦が決まった。それはそれで気になるが...
100mのレース、あるお知らせを踏まえて200mのレース

『赤堀わかるよな!!』
田副先生が教えようと
分かりやすくしてくれているのかな!?

勝つには理由がある
負けるにも理由がある
成功にも理由がある
失敗にも理由がある
そして、もっと大事なものがある。
わかりますけど...
それでどうしていけば良いんですか?

20年前この舞台に立った誇りに触れ、
今後のモチベーションへと勘違いな事を考えていたが
過去の自分を正当化してでしか進めないような取り組みはしていない
そんなのどうでもいい心境へ変化。

この選手をなんとかして表舞台に・・・。
(インターハイやインカレ、日本選手権は表舞台では無いと認識)
驕りのない陸上に生きてきた人の想いに触れて育っていた事
そんな環境と道のりがあっての今...それに気付き
その環境と繋がっている事

とは言え...。
こんな大きな穴があいた感覚は初めてで
出来る事からやって行こうと嘘バレバレでもいい
先生の様に見栄を張って生きていきます。