[27]2016年10月01日


tigerが探してるのは、これ...2ね!

一カ月待って本日届いたのは違う靴。

ああ~終わった
いまどきの柔らかい靴履いて
筋摩擦を大きくし、炎症物質を全身にさまよわせる
パターンに逆戻りするのか?

セールの為、在庫整理していると
この世からなくなってしまったと思い込んでいた、2を発見。

在庫管理は全店共有クラウドにするべき
という導きだと思います。

来シーズン終了までは、
信用の出来るシューズでトレーニング出来る事になって
10月のスタートは抜群。
こけませんように・・・。

ぼやく〚341〛2015年11月22日

練習したくても
はけるシューズがない。
今これ...GT2000 NEW YORK2 LITE-SHOW
ニンバスやトレイルシューズやカヤノを試し
アキレス痛...足首痛...肉離れ...動き、練習量とマッチさせづらい。
2年前から厚底の硬めソールで落ち着いている。
安定感重視でアキレス腱にも優しいし、動き、練習量とマッチさせやすい。

今年...ある日 NEW YORK2も廃番だし
GT2000 NEW YORK3試してみた...
ソールが改良されて柔らかくなって大丈夫???と思っていたら流しで肉離れ
柔らかめのシューズと43歳の動きの相性がお悪い様で
時代はどんどん柔らかめ軽量化へ

どこもかしこも子供だましの柔らかいソールの商品ばかり
各メーカー現象に走り出した。

接客なしで商品を売ろうとすると
ソール柔らかい方が黙って売れる...。
そしてびっくりするぐらい軽いシューズが良いと思い込まれている。

スピードや動きを身に付けたい時
選ぶシューズはその逆が良いと
某専門店スタッフAが言ってます。

本音はね...これ履いて練習したいんですよ!!
これぐらい硬くて癖のない商品。
若い子は是非そうして下さい。定価14,500(税別)
それかミズノ ビルトトレーナー

tigerくんはNEW YORK2を探す旅に出ます。
探すだけ探して諦めがついたらソーティーJAPANで練習量超抑えながら練習します。


不安定なシューズで体幹を鍛える???
鍛えてしまうの嬉しくないふくらはぎでしょ!??
売る為のキャッチ...大きくハズレでない所が罪よね!!

プレート変わります[56]2015年06月11日

株式会社アシックス 関西支社にて行われている
2016春物展示会に...。

来年2月以降に販売される商品を手に取り
たまに履いて確認。
そして、WINDUPにて販売する商品を選び注文する。

tigerの担当はスパイクとWINDUPACのチームウェアー
2016プロモーションカラーは、コーラル(珊瑚色)
来年も引き続き、発注が難しい。
そない派手なシューズやスパイクが売れる店ではない。
地域では白のシューズやスパイクを勧める指導者が多い。

大人の決め事かも知れないが、
どうして白なのか?
なぜ白なのか?
それを理解できる保護者や学生も減ってきている。

白を求める地域ってのが
東播地区と九州らしい
駅伝伝統校の影響!?
柔道着がずっと白だった訳は・・・。

派手な商品
目移りするよね...。

提供してもらうからしょうがないけど
出来れば白を履きたいと言っていた
あのスパースターの凄さにまたまたまた感動するのである。

まさに今ほしい[180]2015年02月07日

ハードトレーニング時、リカバリー時など
陰ながら支えてもらっている2XUのタイツ。

これらの機能性商品は、使用時と使用外の差が
感覚でしかわかりづらく、データ見ても実感が湧きづらい。
信用できるデータなのか?会社の体質を考慮する事も必要
都合の良いデータに仕向けてても誰もつつかないし、
そうなんだ~とまかり通っちゃてる印象

2XUのようにAIS(オーストラリア国立スポーツ研究所)と共同で
開発しているとAISの趣旨は自国のオリンピック選手に還元していく事である為、
データの信用性も高く、スポーツ先進国である機関の商品となると
イメージはすこぶるいい。

ショップ店員はいろんな恩恵の中で
様々な商品を卓越した営業トークを聞きながら試す事が出来る。
これ以上ない先入観が働く状態で商品を試す。
でも...履く前からこれは…みたいな商品から
嘘っぽいフレーズを並べた商品、
売る為には盛り盛りフレーズのオンパレード。

うちのバイヤーコンセプト
『熟練者が納得の商品を』

今どきはシューズよりウェアーの方が商品差が大きいし、
専門性高すぎる商品の流通は少量で限られた範囲内でしか行われていない。
良い商品に出会う為には、
この限られた範囲を知ってるかが重要である。

tigerは2XUを安心して使用しているが
8月に新たなライン
『2XU Elite MCS』が販売されます。

嬉しそうに誰よりも先に体験。
もう予約してきました。
AISに感謝です。

asics 展示会2014年06月18日

大阪マイドームで展示会

来春商品をチェックしてきました。
tiger愛用のDスパートがカタログから消え
残念な限りです。

基本商品据え置き
全体のカラーが派手派手になる予定です。



先日ローマで行われたダイアモンドリーグで、
マスターズの100mが行われました。

昨日チェコで行われたOstrava Golden Spike 2014
でもマスターズのレースが 繰り込まれ好記録が出てます。
アメリカ、ヨーロッパと動き出し
日本では、後10年ぐらいかかりそうですが
少しでも時短出来るように活動していきます。



陸上ミーティング2014年02月22日

今年もASICS陸上ミーティングに参加。
全国各地から専門的な小売店が集まり、
商品開発の経緯やコンセプト、
契約選手へのサポート情報、
メーカーへの要望や意見交換を行います。

木村慎太郎選手がデモンストレーションを行い
スパイクの感触や感想を動きを見せながら伝えていました。
..3回目という事もあって
フィードバックがされ回を重ねる事に中身も充実気味。

第一回目はtigerがサイバーオーラの事で突っかかって
(内容)トップ選手が誰も履かないような商品がカタログのトップにきて
恥ずかしくないのか??
商品開発の自己満足ではないのか?
学生対象の商品に29400円はボッタクリ...。
..皆々様の前でこの口がそんな事を言った様で・・・。
第二回目は、奈良のオッチャンが商品の品質が落ちていると突っかかって
第三回目は、始めて参加の方が多く、静か~に終了。
大分物足りない。

メーカーに対して
ピンの数が多いほど伝達が上がると説明を受け
ピンの長さ(5mm7mm8mm9mm)形状(1段、2段、3段)での摩擦の差。
昨年の100m SBは、5mmでの記録という事もあって…。
離地でのピンの抜けに関するデータを示してほしいと意見しました。
経験的な感覚で対応してる事が多く
メーカーの分析データを見せる方が早い。

ASICSさんはいつも紳士的に対応してくれます。
抜けに関してのデーター化をしようとは試みているらしい。
普通に考えて複雑で難しい。
数値化の目的は、わかりやすさ
陸上選手なら足裏で分かれよ!!と言いたくなるが
それは、ごく一部の絶対脚感持っている人にしかわからない。
持ち主のおっさんに聞くのが早いか!?

売り場でのやり取りではまだまだ反発どうですか?
と聞かれることが多い
大事なのは力の方向。
反発なくでも力の方向があってる方が優位である
その方向付けをするのは、あくまでも身体なのです。

道具として力の方向が合いやすいがいいスパイクとなりやすく
足さばきが御上手な方はピンの抜けを気にしたり
ピンの面積が狭い方が力が集めやすい為、それらを好む傾向がある。
(MIZUNOの幅スパイクの様に)
特にルイスやマイケルジョンソン、ボルトなどは
足裏の芯でとらえる事が出来る選手でたぶん何履いても影響受けづらい。
と予測。
よってセラミックピンや6本ピンで十分と言い占める。

tigerも調子に乗ってそんな事言いたいが...。
自分がスパイク選ぶときはピンの抜けが良くて安定しているかで
大局ええスパイクかあかんスパイクかを判断している。
...で昨年はエフォート(初心者用)になった。
ちょっと物足らんぐらいがいいと意識もしてます。
今年は、昨年迷った方のプレートに変えます。

カスタム担当の方から直接情報を得たのと
自分のシューズ(ターサーJAPAN素材カスタム)とスパイク(カスタム)を注文。

早く暖かくなれ~~~。
まだまだ冬眠中!!