世界マスターズ陸上から帰国2016年11月02日

選手4000人、スタッフ3000人。
管理された大会運営。
素晴らしい環境を提供してくれた 世界マスターズ連盟、オーストラリア、選手、スタッフ  ありがとう!!


悔しかったね~。


10秒台で4位をイメージし
戦略がぶれた分だけ
数値としては足らなかった。

10秒台への可能性として
本質の重要性に気付き徹底したアプローチでしか
解決できないといった導き。

道端に落ちているエロ本をラッキーと思っている様じゃ
あきません。
片づける人間にならないと...

tigerはチラッと見て知らんふり派
陸上でも同じ感じだなぁ

結局、マスターズ界の先人たちの行動や言動からも
やっぱそこだよ!!
トップ選手のそこへの徹底を肌で感じた。

4日間観た中で
M65 ビルコリンズの走りは衝撃だった。
まだ痺れている...
ルイスと150m走った時と同じぐらいだ

またゼロから『走り』に対して取り組み
チャンスを作っていこうと思い帰国







サブトラの横にはWAISがあって
パラの選手やトップ選手がトレーニングして
少し見学できたが
利用は断られた。
オーストラリアのスポーツ環境に絶句。

マスターズも目まぐるしい変化の中
進んでいる。
より競争と普及の幅が広がる事は予想できる。

2018 マラガ
2020 トロントに決定

ええ感じで自分の陸上時計が動き出した。

世界においては
仲間として認めてもらえるように...。
無表情で結果出しただけでは世界は認めてくれない。

今回も少しイケズされる日本でした。

全日本マスターズ陸上 (新潟) [39]2016年09月19日


全日本マスターズ @新潟
M40 100m 11.31(+1.3)

マスターズの同士と大きな箱の中で
全身を使って交流と自己への挑戦。
同士の自分に向き合い、
今日のベストをつくる姿勢が励みになって
次へのエネルギーへ

同士が増え広がりを感じ喜んでいます。

オーストラリアでまずい飯一緒に食べた
元祖サングラス高校生には会えなかったけど...
審判、役員の皆さん、大事な時期の連休に補助員をしてくれた学生の皆さん
ほんとありがとうございます。

雨で寒いレースは、動きそうで動かない事が
多く自らの弱点が出やすいので
立体像を探るには、チャンスと捉え
具体的に作戦を立てようとミーティングし、
パースでの準決勝とからめ
夕方のレース、動けない、寒い、雨、11.25までが決勝進出など想定し
物理的なモノか?内面的な事か?で対策を試みたが
失敗よりも実力不足。

雨、寒さ、緊張、狙うなど
抵抗が加わるレースだと
日頃の練習で
身体に染み込ましたものが大事なんだな!
と再確認出来た大会となった。

ウィンドアップチーム内で一番
何も染み込んでない状態みたいなので
丁寧な仕事をしていきたいと思います。

全日本実業団組には申し訳ないけど
観にも行きませんので、頑張ってください。

布勢スプリント2016年06月07日

100m 11.46 -1.7
あちゃ~
また挑戦すればいいけど
10秒なんて言いません。惨敗です。
真ん中のオッチャンの流れを頂くとします。

理解している事と出来る事の隙間を
勘違いで埋めてしまうと現実に負け、逃げながらこなすしか道がないんだな!?
そんな競技歴は重ねたくないのが本音。

選手を中心とした様々な陣営が
ギリギリを作り出そうとしている現場に触れると
凍り付き動きにくくなった部分に熱を帯びた気分になる。



関西実業団[157]2016年05月24日

関西実業団
100m 11.29 -0.5 

オリンピック選手達が先輩(準決)残って下さい。
と譲ってくれたのに・・・。

20年前のオリンピック選考会と同じ場所
無理な状況でも出場し、最低限の数値は残したい。
それもいらんかったかな!?


100m、200mで日本新記録が誕生し、蚊帳の外だったが決勝の舞台に立つ事が出来た。そのレースを見たという日本学童記録保持者と今では一緒に練習している。レースに寄らないと残った思い出だけじゃ何の経験にもならないと先輩が教えてくれた。今思い返すと決勝の舞台での...微妙な捉え方の違いによって気付けない甘えを平気で許す陸上生活をその後、重ねていただけだったと思えるようになった。そして昨年の世界マスターズの決勝でそれが蘇った...

今、数値では10秒台を出したいなぁ~って
思いながら取り組んでいるが
過去、自分に何かを気付かせてくれた場所に身を置く事でまた何か気付く事はもちろん・・その場所で結果を残すとまで欲張っちゃうと...

やっぱりお前は甘いんだよ!?
長居の神はそう伝えてくれてる。

前レースで10秒台出なかった時点で
お先真っ暗だな!?と心霞めた。

やっぱ暗闇に迷い込んだ。

この写真を見ると現在-過去-未来を映し出してくれている。
高校生が映し出すtigerの過去の位置
期待の中未来に進む様
20年の時を経て
今の自分が映し出す等身大の現在の位置
次へ自らを押し出して進む様

ゴールの先にある未来
挑む事でしかたどり着けないのであろうか!?




tiger知り合いのクラブチーム(小学生)がリレーに出場。話を聞くと予選、決勝でメンバーを入れ替え6名全員参加、ブルーラインは使わない。マークは置かない。前走者のスピードを目で確認して感覚で出るといった取り組み

大舞台での失敗が生かされた取り組みに1位から7秒離されビリだったがその未来は、数値では測れない明さを感じた。

脳みそが柔らかいうちに感覚を磨き、勝負運は将来にとっておく。若い時に使わない。海外を拠点に取り組んできて芯の作り方を知ってる人間ならでは....tiger的解釈です。


導入の段階で現在の為の現在の陸上なのか!?未来の為の現在の陸上なのか!?明確な違いが表面化していた。チームによって取り組みが表面化されている事で(たぶん親の)価値観にあったチームを選ぶ事が出来る時代になってきている。(中学だけは選べないけど...) 社会においても未来を明るくするのは大人の仕事。いま頑張れば頑張るほど未来が暗くなる取り組みで子供を活動させるのは....ね。
奴隷ちっくで労働で起こっている問題と被る。


海外選手に
日本はなぜ軍隊みたいなの?
と聞かれたのを思い出します。

弱気が練習を増やさせ、外観(富や名誉)を欲させる。
自分の中にある10秒台出す為にはもっとやらねば...などには
何を根拠に...と言える客観性
強気で練習量を回復ベース優先で...
自分のやりがいや達成感に対し挑んでいいく事を大切に。

同級生が気付かせてくれたね

世界は一気に動いた[170]2016年05月10日

世界チャンピオン Kim Collins(40)が10.09
ロス金メダリスト Willie Gault(55)が11.30 ともに世界新をマーク
Willieのthe Age-Graded Tablesは9.86 Collinsは、9.63

100m WORLD Records
M 35 9.96 Kim Collins SKN 38 20/07/14 London, GBR
M 40 10.09 Kim Collins SKN 40 07/05/16 Kingston, JAM
M 45 10.72 Willie Gault USA 45 24/06/06 Indianapolis, USA
M 50 10.88 Willie Gault USA 50 07/05/11 Los Angeles, USA
M 55 11.30 Willie Gault USA 55 08/05/16 Eagle Rock, USA

100m World Leads
M 35 10.51 Alexander Kosenkow GBR 39 30/04 Clermont, USA
M 40 10.09 Kim Collins      SKN 40 07/05 Kingston, JAM
M 45 11.05 Reginald Pendland   USA 46 07/05 Austin, USA
M 50 11.62 Dj Kirby        USA 52 28/02 Austin, USA
M 55 11.30 Willie Gault     USA 55 08/05 Eagle Rock, USA

43歳100mに挑戦中[174]2016年05月07日

加古川記録会 
100m 11.02 +1.5  #43歳日本最高記録 


ひと押ししてくれたのは
同級生のレースに対するこだわり。
北井まどか(旧姓 三木)が競技場に帰ってきました。
高校生で日本選手権を制した彼女のかけがえのない挑戦が始まります。

レース感性と勝負感性を持っている44歳のおばはんに便乗します。
44歳で10秒台
45歳でも10秒台 

その前に
STRONG SUPPORTしてくれる
那須さんが「頑張れ」とおっしゃるので
43歳で10秒台
関西実業団、布勢スプリントでちょいと挑んでみる。