布勢スプリント20182018年06月06日

100m  11.33 -1.1

レースに来て学びを得る。
誰からヒントを得て
次の力に変えていくか?
先人の勝負勘、風を見抜く話が参考になった。

記録の裏側に触れ、情報を集めると
核心は...
走りは人の関わりから紐解いていく
方法、メニューは日焼けしたぐらいの感覚
表面の変化に過ぎない。
それらを表面と捉えれる今がありがたい。

表面を追うしぐさは、
走りにも確実に表れ
記録で判断をしていると
態度、姿勢、しぐさ、手間のかけ方などの
世界共通の優先事項を見失う。

日本マスターズ陸上競技連合 マイページ登録してみた
全日本マスターズ陸上(鳥取)のエントリーがカード決算で出来る。
素晴らしい。

マスターズアジア新記録2018年05月08日


加古川記録会
100m 11.10(+1.9)


地元の先生方、チームの仲間、昔から変わらず支えてくれた人々。
競技場でも店(windup)でもたくさん声をかけていただいてありがたかった。
電話やメールを頂いた方々もありがとう


IAAFがランキング制を導入し
All-Athletics.com(Elite Ltd)とパートナーシップを結んだ事で
tigerの過去データが反映され
このことが大きなモチベーションにつながっていった。

マスターズ登録の際、日本陸連IDが必要になり
一元化に向けて動いている。

power of 10 イギリスの陸上データサイト

より簡単にデータが管理され、正確にリアルタイムで閲覧できるシステム構築
それらによって新たな楽しみや喜びを与える。
そのツールに対しての改善が待ち遠しい。

World Master Rankings 自己申告で掲載可能。
選手自身が運営責任を持って正確な情報を載せれば
より健全な世界の情報ソースとして進化していき
選手の新たなやりがいへ発展していくことになる。

4/13 加古川 150*3
4/15 日 大 w.up
4/18 近 所 w.up
4/19 近 所 w.up
4/20 ジ ム 4kp 6kp
4/22 加古川  150*1
4/23 加古川  w.up
4/27 ジ ム 3.5kp12秒 3sets

国際 全日本マスターズ陸上2017年10月30日



100m 11.43 -0.6

年齢に対するマインドセットが行われた大会。

加齢に対し、言い訳の根を持って毎日を積み立てるのか?
自主性のもと、目的に対し毎日をどう使い切っていくのか?
毎日何も考えないのか?

『そこまでしてレースに挑んだ?』
インパクトやアピールでもなく
継続性や手間をかけやり込むマインド。
運や自然が見え方に変化を与え
終われば答えや形が現れる。
ドラマやストーリーと共に映し出される
マインドやスピリット。

走りは良かったからいい..なんて自分に都合良く
解釈したところで
目的に対し努力出来ない自分に
無情の明日が訪れる。

そんな上塗りはゴメンだね

緊張するし、不安もあるし、たまには上手くいくことを願ったり
『今の自分に向き合うしかないんだよ』と呟いてくれる
そんな大会や場所がありがたい。
ヒントを見せてくれた
井指さん、宮本さん、譜久里さん、伊藤さん、水口くん、
諸事情で会えなかった神徳さん、米川さん、ランパン、吉岡
いつまでも待ってます。

そんな場所を支えてくれた
仲間、同士、役員、審判、補助員
ありがとうございます

熊本マスターズ 20172017年10月02日



100m 11.36 +0.3
200m 50.47 -0.6

19年ぶりのスタジアム
あの時、この時期、
会社の査定で無理して100mだけ走った。
空港のTVで日本タイを観た
あの頃の情景がふと浮かんでくる

何かに追われていたな

今はすべて自分で決められる陸上をしている。
それが最低限でしょ⁉︎
...と言えば何だか偉そう!

三田市記録会2017年07月09日

100m 11.30 -0.2

レースで等身大の動きとタイムを探れたことは
先への想像をより膨らましてくれた。

レースにおける
タイム以上の価値は
自分自身より
家族、仲間が知っているようで
走る姿に何をダブらせて
見ているのか?わからないが...。

いよいよ
陸上人生が始まったなぁ~っと
思っちゃっている自分も新鮮である。
頭おかしいと思いながら
答えに対して
間違ったことをせず
次に対してプロセスを踏んでいく。

2017布勢スプリント2017年06月05日

100m 11.28 (+1.8)

しゃ〜ない
調子に乗って
『速く走りたい』と思って練習した結果です。
お前はもう焦ってる。
そして偽善者ぶりやがって...。

そして、仕切り直し
等身大の自分を作るプロセスを
踏んでいく。