できてない当たり前に麻痺2017年10月03日

走りの基本動作と動機付けの実践法
空振りで終了

初渡米から6年後、満を持して
トムテレツは、tigerに『No』と言った。
基本を落とし込む気はあるのか?と言わんばかり距離縮めてくる。

速いと基本が出来ているという先入観。
どの関係性での速い...なんてより、
『人が走るにおいての基本が何ぞや』...
当時、日本に帰ってきてこれを聞くと言えない人たちにたくさん出会う事に
安心感があったりもした。

頭でわかっていても、タイムが出ちゃうと
ついついやっかいな自信が出来ているを前提に
計画、修正、練習、レースへと結び付けていく。
基本をどこに置いているか?が
そのシステムの経験を物語っているのだろう!

ヒューストンに行って
何か?tigerと捉え方が違うんだけど...なんなんかな!?

初めてトムテレツのところに行ったときのこと
トムが教えてる場合じゃないぐらい基本が出来てないから
キャロル ルイス(カールの妹)が嫌な顔しながら教えてくれた。
それぐらいヤバいんだなっと思ったが
帰国し、
そんな出来なくても跳んでやろう!と思ってしまった。
それを実践し続けた人が日本記録出し、
そのプロセスが次世代に落とし込まれ
8mジャンパーが3人いる状態を作っている。

ヒューストンの連中からしてみれば
その程度(8mや10秒前半)のプロセスは出来上がっていて
身体に落とし込めるまでやるか?やらないか?だけである。
やっているふりや
やらない事をやり続けている様は滑稽で
『君はグランドへ何をしに来ているんだ』
『時間の無駄だよ』みたいな目をしてくれる。

あれから25年近く経って
『まったく基本出来てないやん
お前大丈夫か?』と基本を意識させてくれた経験をもとに
基本の重要性を人前で説く日が来るなんて
ありがたい話である。

今年は、自分が目指している波からは外れてしまったが
基本の徹底で足元を固め全日本マスターズを待ってみる。
結局はそうやってゆるぎない基本が出来上がっていき
自信が波を引き寄せるのだろう!?という仮説。

陸上します2017年09月01日

[業務連絡]
カナダ出発の日 149 だったから
出発のバス1本遅らせて もう一度トライ 150
結果 2位やったらしいです。

10日ぶどう研修行きませんか?

次回レースは
★9月18日(祝) ユニバ

WINDUP AC練習会8/272017年08月27日


練習の後、
織辺農園にて『ぶどう研修』

ぶどうとかけて陸上...

WINDUP AC練習会8/202017年08月23日


無責任に泣ける

日本選手権で高平くんに
『ヒューストン行ってますか?』
と聞かれ
『今さらだけどまた行きたいんだけどね』

『末さんも行き着くところは
○○○○のないコーチですね!?』

『ほんとだね』

そんな会話をして見守ったレース。
2種目制覇をしたメダリストとその権利がある若者
隣同士この必然が日本短距離界を後ろ姿で
伝承されていくかのような錯覚に陥った
そして、挑戦する事の美しさを表現しているかのようにも感じた。
たぶんアメリカマスターズ界が言ってることはこれなんだろうな

シニアはその若者によって次元の違う領域が見え隠れしてきて
マスターズはメダリストによって次元の違う陸上観が芽生え出した。

陸上の技術論で食べる飯はまずいが
陸上の価値観を探りながら食べる飯はホントうまい。
最近は、涙つきのような気がするけど...。
泣き虫がおるさかい、仕方ない。

WINDUP AC練習会 8/62017年08月10日

暑くても朝から集合。
そして走る。


Boltは英連邦 加盟国選手

偏った情報が事実の捉え方を偏らせる。


ガトリンの詳細は

Demonizing Justin Gatlin


この短期間で点が線になることで
方向性が確信になり、
ゴールへの距離感や匂いを掴むことになるのか!?

雨、低温これだけ揺さぶられる要因の中、
低温に関して
白人や若さが優位に働くデータは無いが
経験則で言うと優位性が高いように思う。

中身のない、風船が膨らむ様子を見ることはよくある。
ダイヤの入った風船が膨らんでいく様を見ながら
自分の時間も進めてみる。

風船の大きさに惑わされないように
割れてやっと分かる
中身に触れたときに時代が始まる。

WINDUP AC 練習会 2/122017年02月14日

あるきっかけが膨らんで
チームメイトがメディアに露出する。
メディアに吸い込まれるという言い方が的確かも知れない。

「ダイヤモンドアスリート」を対象に実施される「リーダーシッププログラム」
藤代裕之さん(ジャーナリスト/法政大学社会学部メディア社会学科准教授)の講演で、

『メディアはパワー。人間は賞賛されたり賛同されたりすれば、自分が正しいと思ってパワーがあるように勘違いしてしまうことがあるので注意したい。皆さんの場合は、競技をきちんとやっていれば、それらはついてくる。特に(これからアスリートとしての実績と積んでいく段階にある)皆さんの場合は、“いいねやリツイートをたくさんもらって、面白いことを言おう”という考えとは少し距離を置き、競技者として丁寧な情報発信を心がけることが大事』

『歴史が浅く業態自体がまだ流動的(常識やビジネスモデルが確立されていない)である、儲けることを目的に信憑性やモラルを無視した使い方をする層が存在する』とも...なんかtigerが見て見ぬ振りしたマスターズの問題ともかぶる。

チームでも話題になる
『思い込み』や『自己肯定』
マスターズやSNSはそれらの教材のように映っている。