兵庫マスターズ陸上 20172017年09月18日



100m 11.40 +0.3
200m 23.56  -0.7

今が底だと思っているけど...。
勘違いかいな⁉︎

地元の大会参加は最優先事項です。
シーズン終わっちゃった人 やっとシーズンインした人
Windup ACアラフォー組、最後に揃いました。

残るチームでのターゲットは
10月末の全日本マスターズ(和歌山)
ゴールするまでは何でも受け入れ
最善尽くす...的スタンスで基本OK?

WINDUP AC練習会8/272017年08月27日


練習の後、
織辺農園にて『ぶどう研修』

ぶどうとかけて陸上...

ロウソクの問題2017年07月20日

常務連絡
茨城の『準備屋』さんへ
岡山の『視力0.01』くんへ

答えをロウソクから導き
おしいをなくす



ルイスが日本人選手を見てどう思っているか?
あのくだりの話がすべてだと思います。

数値を求める傾向が強くなると
報酬の流れになり
視野の狭さと愚かさを表すことになる。
それらの結果に感情をつけても
次はない事を意味しているので
一緒に喜べないのはいつも言っているよね

チームもいま一度そこの徹底をしながら
世界の動向を参考に見守りたいと思います。
答えに挑戦するアメリカ 勢いのある南アフリカ、イギリスがヒントになりそうです。

三田市記録会2017年07月09日

100m 11.30 -0.2

レースで等身大の動きとタイムを探れたことは
先への想像をより膨らましてくれた。

レースにおける
タイム以上の価値は
自分自身より
家族、仲間が知っているようで
走る姿に何をダブらせて
見ているのか?わからないが...。

いよいよ
陸上人生が始まったなぁ~っと
思っちゃっている自分も新鮮である。
頭おかしいと思いながら
答えに対して
間違ったことをせず
次に対してプロセスを踏んでいく。

平成29年加古川記録会2017年05月02日


100m 11.18(+1.3)

それぞれが問題を抱えながら
向き合っていると感じている
ゴールして何もない事が一番だと思ったりもするが
予定通りの結果だとなぜかがっかりもする。
心が浮ついている証拠だろう!?

日本を守ってきたオリンピアンがギリギリまで何とかしようと
もがいている姿を見ると
練習やアップが思うようにできないぐらいで
0.1%でもレースを投げ出す事は決して許されないものだと
改めて身に染みる。

その領域の存在がそこにあったこと、敬意を払いたい。

アップなしでも11.2で抑える
その想定の練習はしてきている。

トラブルを想定した練習とその時の判断。
防災のニュースと自分の陸上がかぶって思える。

次は6月4日 布勢スプリント
雨、アップなしで11.1で抑える
想定をしながらの練習を開始する。

そんな事言って格好つけてる時点で
アウトな気もしてきた...。
数値以上の事実を知る瞬間はレースの時だけである。

新規2017年04月01日


挨拶できなかった人すみません。
4月からここでお世話になります。
2020まで外から見守りたいと思います。